FX

高値、安値、レジサポライン(水平線)は超重要て話

今回は、高値、安値、レジサポラインが超大事だ!という話をしていこうと思います。

そもそも高値、安値、レジサポラインてなに?

これは、超簡単に説明しますと

とある期間一番上にきた値段→高値

とある期間一番下にきた値段→安値

となります。

ちなみに高値同士を引いたラインをレジスタンスライン

安値同士を引いたラインをサポートライン

と読んだりします

ほんとは覚えた方がいいのですが、良く解らない場合は纏めて水平線とよべばオッケーかと思われます。

過去記事で実は何回も登場しているので紹介


だったり


だったりの

赤い線の所が水平線です

上の図のこれはレンジなのですが

上の方がレジスタンスライン&高値

下のほうがサポートライン&安値

と呼びます。

そして上の図のようにレンジをブレイクした後にはそれまで意識されていたレジスタンスラインは

押し目を作る為に戻ってくるので安値と変化しサポートラインと呼びなおします

これをレジサポ転換とよびます

高値、安値、水平線はなぜ重要なのか

過去記事を読みまくって下さった方ならわかると思いますが超重要な理由としては

高値、安値、水平線は売り買いの攻防がめちゃくちゃある

というのが理由として挙げられます。

正確には、

損切り、利確、新規参入、建値決済

ですね

移動平均線やボリンジャーバンド、一目均衡表などのインジケーターも使えるは思うのですが

機能する理由が、なんか上手く説明できない

という方が多いと思います。

しかし

この水平線に関しては相場の心理的に明確に水平線を引く根拠がめっちゃ説明できる

一番重要視されるし、

僕も自信を持って重要ですよ、とブログでお伝えする事が出来るわけです。

インジケーターにしても水平線にしてもちゃんと説明出来るかが大事

FXの世界では何でもそうなんですが

自分がしっかり納得できる優位性や根拠を持つ事が超大事なわけです。

例えば、どこの馬の骨か解らん人が

このインジを使ってこういう反応を見せたらエントリーすれば勝てるよ!

みたいな事を言ってたとしても

少し試してみて勝てなかったら

言われたとおりにしたけど全然勝てないじゃないか!

みたいな事を言い出してすぐ投げ出すわけです。

でも、相場の心理をしっかり納得した上で取引をしていれば多少負けこんだとしても

心理を極めたトレーダー
心理を極めたトレーダー
でも相場の心理的にここでこうなるのは必然なのだから、今下ぶれてるのはたまたまだろう、気にせずエントリー続けよう

というようにいちいちメンタルが揺さぶられることは無いわけです

そして思うのが

根拠が良く解らないままだと

FX講習会に参加したりして言われた通りにやってみたり

有料商材買ってみて取引やってみたりしてもあんま勝てない

そもそも何で勝てないのか良く解ってないから成長がない

成長がないって事は似たような事を永遠と繰り返し

お金と時間の超絶無駄遣い

となる為、かなり苦労する事になります。

まとめ

今回は水平線の重要さについて説明しましたが

多分僕のブログじゃなくてもあらゆるブログで水平線は超大事でっせ

という事をお伝えしてると思いますので

是非、上手く水平線を引けるように頑張ってください

おわり

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ワダッチ
投資家ネオニート名乗ってましたが 現在ジムでトレーナーをしつつ、ジム開業の為FXとパチスロでお金を貯めてます。 お金のスキルと健康のスキルは一生使える最強のスキル。 有益な情報を発信出来る様に行ってまいります 有する資格 ・NESTA-PFT(トレーナーの資格) ・調理師免許