FXロードマップ

FXは待つのが仕事!を深堀りする

ちまた(ネット)では待つのがしごとだ !って良く言ってますよね

いや、待つだけやろ?そんなの別に難しくなくない?

とか思った方居ると思うんですがとんでもないです

 

FXにおいての待つという作業は世の中に存在するあらゆる待つの中でもトップクラスにスーパーベリーハードです

 

ではこの待つについて深彫りしていこうと思います。

そもそも人は待つことが嫌い

FXに限らずそもそも大前提として人は待つことが嫌いです。

・待ち合わせに遅れてくる恋人にいらつく

・仕事を依頼したのに期限を守ってくれなくてイライラ

・交通機関(電車、バスの遅れ、車の渋滞)

他にも考えれば一杯出てくると思いますがとりあえず待つの嫌いですよね普通

FXに参入してきた人は人生を早く変えたい

FXに参入してきた方って、そもそも人生に満足してない方金欲しさに介入してきてるんだと思います。

そこで、出来るだけ早く成功したいと思いますよね?

出来るだけ早く成功して、お金を手に入れて、彼女を作ってマイホーム建てて飲食店でも開いて…

って考えてる人多いと思います。

その為には一杯取引してお金を稼ぎまくらないと!

その為には一杯勉強してどんな相場でも機能する優位性のある取引を身につけよう!

などと思うわけです

つまり、悠長に待ってる暇なんて無い訳です。人生は有限なので

恋人が待ち合わせに遅れるとかそんなレベルの話ではありません

なんせ、取引の多い少ないは人生の成功に直結する訳ですので

優位性が高ければ高いほどマジ取引チャンスが少ない

FXというのは優位性が高ければ高いほどマジ取引チャンスが少ないです

例えば世間一般的に言われる超優位性のある取引を一つあげますと、

 

日足、四時間足、一時間足などの方向性が全て揃う。

ボラティリティも高い

方向性は全て揃ってオッケー。そしたら一時間足の押し目を待つか…

よし、一時間足の押し目が出来たぞ

よし、最後に押し目の転換地点で五分足に切り替えて

五分足が逆ダブルトップ作って上がった後押し目を待ってそこでエントリーだ!

みたいな。笑

 

これが世間的に言われる鉄板の優位性なんですが、

ここまで全て揃うのは多分一ヶ月に数回とかではないでしょうか?

 

しかもですね、

 

じっくりじっくりまって、やっと一時間足まで揃った!後は五分足だけや!

となってるのに

あれ?ルール一歩手前だというのにノイズみたいなレンジ形成してるわ…辞めてくれ!ちゃんとダブルトップ作ってくれ!

ああ、逆行した!エントリー見送りか…

てなるのです

更には、この板エントリーがきた瞬間チャートを見てなかったとかあって見逃してしまったりします

しかも、ここまで揃っても簡単に損切りにあってしまう事もあります

一ヶ月に数回の取引チャンスを見逃してしまったり、やっとの思いでエントリーしても簡単に損切りくらう…

しかも、その損切りは単なる騙しに引っかかって、騙しに引っかかったあとそのまま同じ方向性に伸びていった。

こんな事が簡単に起こります。そしたら

はっっ、取引チャンス待つのなんか馬鹿馬鹿しくてやってられっか!

ってなります

そして、

せっかちトレーダー
せっかちトレーダー
どうせ待ったからって損切りにあうし、待ちたくないから少し優位性下げてもいいから取引チャンスが多いルールにしよう。

 

とか言い出して、圧倒的不利なスキャルピングなどに移行してボロ負けする訳です。

FXでの世界の優位性があいまいすぎる

僕はスロプロなので、またスロットで例えてもいいですか?笑 

知らない人すいません

 

スロットも待つのが仕事と言われれば待つのが仕事です

期待値のある台が空くまで待機

信頼できるイベントが来るまで設定狙いしない

合算がよくて回転数がしっかり育つ夕方までジャグラーは打たない。

など。

しかし、スロットに関しては待つのはそこまで難しくありません

何故なら、

ここから打てば期待値がこれだけありますよ。

ここより下から打てば期待値はないですよ

といのが明確に数字としてもう存在するからです。

これなら、どんだけ待つのが嫌いな人でも無駄な事はしたくないと思うので期待値のない台には座らないですよね?

 

しかし

FXの世界では、だーれも明確な期待値なんて教えてくれません

そもそも人が動かしているものだから期待値なんて算出しようがないですので

自分で検証して優位性があるな、と自分で納得して取引をするしかありません。

 

そうして、実際取引するときになると

せっかちトレーダー
せっかちトレーダー
んー…、ルールと微妙に違うけどルール通りに見えなくもないな、いや結構ルールからずれてる?いやこれは許容範囲だろ

とかいって自分の都合のいいように解釈し

せっかちトレーダー
せっかちトレーダー

まあルールからずれてるけど、ドナルド・トランプさんがこんな発言してたし

大丈夫だろうな!よし!エントリーしよう!

とかいって注文し、そしてそっこうで損切りされ

せっかちトレーダー
せっかちトレーダー
ああ…やはりルール通りになるまで待てばよかった…

となります。笑

熱意が無ければ上達しないが、待つという事に関しては熱意が仇となる

FXは覚える事も多いし、身につけるスキルも多いし、何よりメンタルに大きく負荷が掛かるので

熱意が無ければ成長する事も続ける事も出来ません

だがしかし、この待つという事柄においては熱意が仇となります

 

何故ならば、最初に書きましたが、

熱意がある=早く成功さしたい!鬼作業する!

 

みたいになって、気付いたら

鬼作業する!=鬼ポジポジする!

 

となるわけです。笑

 

ギャグみたいですが、これマジです

そしてこれかなり難しい問題です

 

熱意が無ければ成長しない

熱意があるとエントリーが待てずに資産が減っていく

エントリーしなかったら〇〇

ちまたでは

エントリーをしなかった自分を誉めるだの

エントリーしない事の優位性だの

言われてますが、最初にこれ聞いた時は正直

何いってんだこいつら

としか思いませんでした。笑

エントリーしない事の優位性がどうのこうの言うなら

最初からFXしなければいいじゃん。って

 

しかし、これはある程度経験積んだらなぜこの人達がこんな事言ってるのかってのが理解出来ました。

ようはこの人たちは元ポジポジ病患者だった。って事ですね。笑

ポジポジしたくなる衝動を押さえ込んだ自分をリスペクト!みたいな

 

ヘビースモーカーが禁煙を決意して、吸いたい衝動にかられた時に何とか吸わずに耐えた。

俺偉い!

だがしかし、元本タバコを吸わない人(FXしてない人)からすれば

タバコを吸わない事なんて当り前。むしろタバコを吸う人の気持ちが全然理解出来ない。

みたいな

そんな感じなんでしょう

対策

対策を考えてみました。対策として考えれるマインド

 

FXでそもそも人生変えようとしない。

FXしなくても人生充実した状態にしとく。

 

いや、そんな状態ならそもそもFXせんやん。となりますが、笑

その対策としては

FXで人生を変える事に熱意を燃やすのではなく、FXそのものに熱意を持つ。

 

つまり

FXそのものに熱意を持つ=FXの勉強やチャートを眺める事そのものにだけ熱意を持つ

 

そして

FXでエントリー事態はお金をかけたくないのでむしろしたくないんだけど

 

神様から一ヶ月に数回はエントリーしないと駄目ですよ

みたいなお告げがタイミングよく夢で見て、

しょうがないから一ヶ月に数回は義務としてエントリーするか…

みたいな感じに持っていく。

 

いや

 

なんか書いてて良く解らない対策だと自分で思いました、すいません。。

ロットで調整できる事を潜在意識に刷り込む

そうはいってもFXというのはロットを調整出来るので、本当は回数はそこまで気にしなくてもいいはずです

10000円掛けの取引100回=100万円

100万円掛けの取引一回=100万円

となる訳で同じなのですから

スプレッドの事など考えたら下のほうがむしろ期待値は上ですよね。

 

そう考えると、やっぱり回数を増やさないと!ってマインドは勝つ為ではなく、

自分のポジポジしたい欲望を叶える為。といえそうです

その状態をを客観的に見れるかどうか。それが大事ですね

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ワダッチ
元パーソナルトレーナー、スロプロFXトレーダーです。人生における大事な3つの お金、健康、時間、をいかに生み出すかに全力でフォーカスしてます。 あわよくばブログで副収入を手に入れようと模索中。