FXロードマップ

レンジ相場の大衆心理を考察

レンジ相場の大衆心理を考察してみようと思います。

トレンドフォローだけに厳選して取引すれば勝てる!と世間ではもっぱら噂ですね!レンジは無視しろ!

ちなみにレンジ相場がこちら


方向感が無いって事ですね

でトレンド相場がこちら

方向感があるって事ですね。

トレーダー
トレーダー
おお!何かネットで調べたらトレンドフォローにだけ厳選してれば勝てるって書いてるぞ…
今見た感じレンジだな…レンジ興味ないわ…お、レンジが終わってトレンドが出来たっぽい!これで勝てる!

これじゃ勝てるかどうか微妙ですね

何故かというとトレンド転換はレンジの中での複雑な心理の先に発生する為。

では説明します

レンジは買いと売りが互角の戦いを繰り広げている

レンジとは方向感のない相場って事ですが
いいかえれば、買いと売りが互角の戦いを繰り広げているって事です。

買いだ!と思う人と
売りだ!と思う人が同じレベルで居るって事ですね。

強い奴についていくぜ!とレンジ内をいったり来たり逆張りしてるやつもいるでしょう

で、相場心理的に考えて、

買い勢力の利確と売り勢力の新規参入は高値
売り勢力の利確と買い勢力の新規参入は安値

となりますね

狭まっていくレンジ相場

しかし、そんな互角の戦いはいつまでも続きません。

絶対にどっちかが優勢になっていきます。

なら例えば買いが優勢になったとしたらレンジは下の図の様になります。

少しづつレンジが狭くなっていってますね。

あれ?買い勢力が優勢なら上昇トレンドになるのでは?と思ったりしますか?

今回のは事情が違います。なんせ売り勢力がまだ諦めていません

どういう事かというと、売り勢力の損切りポイントまで近づいてくると損切りしたくない為、追加入金して無理矢理逆行させようとしてる訳です。

そしたら両者ともどんどん追加入金していきますよね。

このような理由から、レンジというのは続けば続くほど崩れた時のパワーは大きな物になると予想されます。

イメージとしては高値と安値が土俵際で、お金というツッパリで押し出そうとしてる

そんな感じです。ハッケヨイノコッタ!

 

でも、これは、最後は結末がみえてます。

青〇の所、ここは完全に買い勢力が売り勢力を限界まで追い詰めました。売り勢力は入金しては入金しては…絶えてましたが、ついに限界が。

売り勢力のトレーダー
売り勢力のトレーダー
入金しまくって耐えてたけど…も、う、だ、め、だ!!!!

一気に売り勢力が撤退します

そうすると勿論買い勢力の比率が一気に増えるので、

ドカーン!!!

と今までためにためた売り側の損切りパワーを放出する訳です。

こうやってレンジが終了して強力なトレンド及びブレイクアウトが出来上がるわけです。

これが例えば、売りの場合は逆の三角形の形になります。

ブレイクしたその後は?

ちなみにブレイクしたらそれで終わりではありません。

ガッツリ稼がせて頂いた買い勢力が利益確定をしだします。

そして、赤い線まで戻ってきたら過去記事で書いた事のあるトレンドフォローの押し目と同じ大衆心理が発動します。

参考記事↓

>>>トレンドフォローの大衆心理を考察

損切りし損ねて赤字でまくり(含み損)グループですね

トレーダー
トレーダー
損切りし損ねた…そのまま赤字のまま終わりたくない…お!戻ってきた!いいぞ!お!ついにプラスマイナスゼロに戻ってきた!よしもう利益とかいらないからとにかくまた赤字になる前に決済しよ

で、また上にあがっていきます。

トレンドフォローの押し目でもレンジブレイク後の押し目でもそうなんですが、含み損がプラマイゼロに戻って来た時の大衆の

戻ってきて良かった、この苦しみからもう解放されたいから決済しよ

ていうマインドは相場の世界ではかなり信憑性のある心理のようです。

実際僕もチャートの動きを検証してるとほんとに何かしらの反応は見せます。

ちなみにブレイク後はセオリーどおりにいくとトレンドが出来上がります

あくまで可能性が高いってだけ

気をつけて欲しいのが、あくまで可能性が高いだけって事です。

相場の心理、人の心理に絶対はありません。

こうすれば女の子にモてる!みたいなマニュアルがあっても100%絶対女の子が彼女になってくれるなんて事はないのです。人の心理は機械じゃないので。

ここが、FXの難しい所なんですね。抽象的な世界に身を投じなければならないと

レンジはゾーンとよばれる


レンジの事をちまたではゾーンと呼ばれる事が多いです。

この画像(僕が引いたんですが笑)

レンジが出来ていて、下に抜けていますよね。で、一回下に抜けてゾーンに触れたら

また逆行してるのが解ると思います。

これはつまり上記で書いた通りです

ゾーン内で売り買いの攻防が起きて下に抜けた事で買いグループの含み損が出来て、ゾーンに戻ってきたらプラマイゼロに戻ってきて安心決済してまた売り勢力が優勢になった。

って感じです。(厳密にはそれ以外にも色々あるんでしょうが)

色々なレンジとまとめ

色々な形のレンジを引用させて頂きます。

シンメトリカルだのアセンティングだのディセンティングだの覚えなくていいです。笑

それよりも、なぜその様な形になったのかの相場の心理を読む事に全力を注いだ方が宜しいかと思います。

それでは今日はこの辺で

 

 

 

ABOUT ME
ワダッチ
元パーソナルトレーナー、スロプロFXトレーダーです。人生における大事な3つの お金、健康、時間、をいかに生み出すかに全力でフォーカスしてます。 あわよくばブログで副収入を手に入れようと模索中。