FXロードマップ

FXの手法はまずこの4つを極めるべし

FXの手法は相場の心理で考えなければならないと何度も過去記事でお話させて頂いてますが、

そうはいっても基本となる定番手法ぐらい知りたいですよね

今回はそれについて定番手法を書いてみたので参考にしてみてください。

トレンドフォロー

トレンドフォローとは、ジグザグしながら同じ方向に一定方向に上がり続けるor下がり続ける相場

でエントリーするということです。

こんな感じの図です

線で書いてみると


こんな感じです

注文例としてはこんな感じで取引しますね


ちなみにダウ理論によると、トレンドフォローは高値と安値を切り上げてるうちはずっと継続する!

といわれてるので、前回安値等に損切りを入れつつ損小利大で取引するのが一般的です

利益確定についてはのばせるだけのばす!って人もいれば、リスクリワード固定で3倍とれたらもう決済するって方もいます。

結構裁量トレードでとっていく人が多いイメージですね。

ブレイクアウト

ブレイクアウトとは意識されていた高値や安値を抜けて勢いよく伸びを見せる状態です

こんな感じの図です

線でかくとこんな感じ


注文例としてはこんな感じ


ちなみに、ブレイクアウトは中々いつ来るか解りませんし、一度はいったらかなりのスピードで伸びていくので来た取引チャンスに乗るのは至難の業です。

全部取るにはずっとチャートを見とかなければなりません。しかも騙しが多いです。

まあ今までレンジ内で反発を繰り返してた訳ですからレンジ逆張り勢からすればブレイクアウトこそ騙しなんですが。

そして、はっきりいってこのブレイクアウトに僕たち個人投資家が気付いた頃には時すでに遅し、気付いてからエントリーに入っても

大口投資家達が利益確定を始めていますのでチャートが逆行しだします。

なので、個人的にはこのブレイクアウトはおすすめしません

そうはいっても、このブレイクアウトを覚えなければ色々と都合が悪いので

しっかり覚えましょう。

ブレイク後の押し目を狙う

ブレイク後の押し目を狙ったります。

最初のブレイクよりこっちの方が相場の心理が上手く働いてるので期待値あると僕は思います


ただし、ブレイク後は、ラインの所まで戻らずに、そのまま進んでいくことが多いので

ラインの所で待機していると注文を見送る事が多くあります。

つまりポジポジ病の方にはかなりきつい手法という事になりますね

まあその時は予約注文などを駆使して乗り切るしかありませんw

レンジの反転を狙う

レンジはこれですね

線で書くとこんな感じ

注文例はこんな感じ

これは非常に解りやすいですねw

しかし、レンジの取引は奥が深いです。

レンジの中にも色々と種類があって、狭まっていくレンジや値幅が拡大していくレンジ

大人しいレンジ、色々あるので、極めようとしたらかなりの相場認識力が必要かと思います。

4つの手法をおすすめ順に並べてみる

僕が5年ほどトレードを続けてきて、この4つの手法だけが大事だと結論付けました。

で、この4つの中でおすすめ順に並べてみると

一位 ブレイクアウト後の押し目
二位 トレンドフォロー
三位 レンジ逆張り
四位 順張りのブレイクアウト

こうなります。
なぜおすすめがこの順番なのか、また別の記事で書いてみようと思います。

まとめ

ちなみに今回は説明の為にチャートが綺麗な形で紹介しました。

こんな綺麗な形のチャートなんてほとんど無くて、実際のチャートなんて騙しだらけです。

しかし、正直この4つを極めればほとんどの相場で通用すると個人的には思ってます。

騙しなんかも経験により回避する事が出来るようになるかと思います。

 

なのでこの4つをまず極めましょう

 

極めるとはつまり、

 

この4つの形の時なら相場の心理が手に取るように解る。

この4つの形の時ならポジポジ病にかかる気がしない。

という状態ですね。

 

 

 

 

 

ABOUT ME
ワダッチ
元パーソナルトレーナー、スロプロFXトレーダーです。人生における大事な3つの お金、健康、時間、をいかに生み出すかに全力でフォーカスしてます。 あわよくばブログで副収入を手に入れようと模索中。