うつ病との戦い→セロトニン活性化の話

僕のうつ病との戦いとセロトニンという脳内物質の話をしたいと思います。

セロトニンとは

 

セロトニンとは一言でいうと、『脳の平和を保つ脳内物質』です。

 

皆さんにも経験ある人多いと思いますが別に何か嫌な事があったわけでもないのに気分が落ち込んだり憂鬱になったりしませんか?

あれは性格の話ではなくて、セロトニンが不足してるからおこる現象です

 

逆に、嫌な事があっても、

 

『ま、いいか(^o^)』

 

と、次の日には忘れてたりしませんか?あれはセロトニンが満たされてるからです

うつっぽい時が僕にもあった

僕も実は何度かうつっぽくなった時がありました、一番酷かった時は飲食店を辞めた時ですね。あの時はかなり追い込まれてました。

 

知識が無いときはとりあえず『あー俺はなんてメンタルが弱いんだ、社会人失格だ』なんて思ってましたが

 

よくよく調べてみたらそういう話ではなかったのです。メンタルが弱いとかそういう話ではなく、

・食生活が悪い
・運動不足
・太っている
・日光浴不足

など私生活がめちゃくちゃなせいでセロトニンが減っていたのが原因ですね。

 

そんな事も知らずに、うつと思って、精神病院に行ったんですが

 

でそこでもらった薬を飲んでみたら

逆にうつっぽさが悪化したので飲むのを辞めました

セロトニンとメラトニンと睡眠と

 

セロトニンについてもう少し詳しく書くと、セロトニンと相関関係にあるものでメラトニンってあります

セロトニンとメラトニンは脳の松果体というところから出てるんですが、

朝起きて日光浴して朝飯食べる→セロトニンがでる

夕方くらいからセロトニンは、睡眠を誘発させたりリラックスモードにさせるメラトニンに変化するわけです

 

つまり、セロトニンが無ければ、メラトニンは作られないって事です

 

これ結構問題で、メラトニンが無ければ眠れなくなるので

眠れなければ生活リズムが乱れて昼夜逆転生活になったりして、更にセロトニン作られない→更にメラトニン作られない→うつ街道ばく進という負のループに陥ってしまいます

 

ちなみに僕はこの負のループに一年くらい悩まされました。

運動食事睡眠を気をつけると負のループを抜けた

このままではいかんと思い、なんとかしようと作戦を練りました

 

その作戦とは、とりあえず一回徹夜して、次の日の10時くらいまで寝るのを我慢するという方法をとりました。

 

しかし、一回徹夜したぐらいでは次の日スッと眠りにつくことが出来ません。

 

なので意地で2日連続徹夜をし、無理矢理10時に寝る。を強制実行しました

そういう方法で何とか生活リズムは少しずつ治っていきました。

 

生活リズムが治ったら今度は、朝一ウォーキングと筋トレを開始しました。

朝日光浴と筋トレをすることでセロトニン分泌が催されるとその当時色々調べて知ったからです

 

ここまでの流れを約1ヶ月続けたら、大分良くなってきまして、ただまだ完全では無かったので、最終段階に入りました。『食生活の改善』です

 

正確にいうと

朝→目玉焼き、玄米、野菜サラダ、味噌汁
昼→サバ缶、玄米、野菜サラダ
夜→脂身の少ない肉、キノコ類の炒め物やスープ、野菜サラダ

というような感じで食生活を整えました。そんな生活を数ヵ月したら、まるで10代の時の様な元気の良さを取り戻したのです。

まとめ

こういう経験からうつっぽいというのは

環境とかのせいではなくて、脳や、内臓、ホルモンなど自分の中に原因があることを知りました。

 

僕はこのような経験を活かしたいと、一時期パーソナルトレーナーになって世の中の人に健康の大切さを伝えようと思ったのです

 

結局辞めてしまったのですが、活動してた時の知識などは、このブログで発信していくつもりです。

そして、世の中の人生が上手くいってない人に伝わればいいな、と思ってます

 

ABOUT ME
ワダッチ
元パーソナルトレーナー、スロプロFXトレーダーです。人生における大事な3つの お金、健康、時間、をいかに生み出すかに全力でフォーカスしてます。 あわよくばブログで副収入を手に入れようと模索中。